悩み(育児やカラダ)

34歳、二人目妊活はじめました

34歳の私、8月ごろから、妊活をはじめていました。

娘がいま2歳半。

イヤイヤ期真っ只中ですが、言葉もほぼ通じる、ひとりでご飯を食べてくれる、夜もしっかり寝てくれて、私自身もこころとカラダにゆとりがでてきました。

また、保育園で娘が年下の子をかわいがっているのを見ると、

この様子を家でも見たい!」

と思うようになりました。

ちなみに私は一人っ子なので、

「一人っ子はかわいそう」

という思考はまったくありません。

二人目が欲しいのは、完全に私の欲求です。

まだ妊娠はできていませんが、いまのところの経過を記録として。

また、同じように妊活を考えている方に、ちょっと参考になることがあればと書いてみました。

スポンサードリンク

1人目のときの妊活

娘を生む前は、すっごい生理不順でした。

生理周期40日や50日になることも。

基礎体温も測っていましたが、低温期が3週間ほど続くこと。

逆に、高温期が3週間続くのに妊娠してないこともありました。

このころは、仕事で夜勤などもあり、ストレスがたまってホルモンバランスを崩していたのだと思います。

そこで、婦人科を受診し、「タイミング療法」をすることに。

エコーで卵巣の状態を診てもらい、排卵がきそうなタイミングを教えてもらいます。

また、卵巣の機能が少し弱っていたようで、ホルモン注射を打ってもらうこともありました。

このタイミング療法をはじめてから、4カ月ほどで子どもを授かることができました。

二人目の妊活、はじめる前に

まず、妊活をかんがえたときにすぐにやったことがありました。

風疹・はしかの予防接種

最近、風疹が大流行しているとよくニュースになってますよね。

しかし、今年だけでなく、数年前にも、風疹やはしかが定期的に流行して、妊婦さんは注意するよう呼びかけられました。

1人目の妊婦健診のときに、抗体があるのは確認できていましたが、それも3年前の話。

どうせまた同じような流行がきっとくると思ったので、2018年の5月にMRワクチンを打ちました

このワクチンを打ったあと、2カ月は子作りは禁止なので、

「もうちょっとしたら2人目ほしいかなぁ~」

って考えているそこのあなた!

すぐにMRワクチンをうちに行きましょう!!

小児科や婦人科でうってもらえますよ。

葉酸サプリを飲む

葉酸を、妊娠前から摂取することにより、生まれてくる赤ちゃんの神経管閉鎖障害(脳や脊椎の病気)を予防できるといわれています。

1人目のときの母親学級で、産婦人科の先生が、

「サプリは日本の大手メーカーのものが安心」

とおっしゃっていたので、私はドラッグストアで買える、こちらを毎日飲んでいます。

妊活用サプリ

葉酸のほか、飲んでいるサプリがこちらです

ビタミンD

ビタミンDは、子宮内膜に作用して、着床率を上昇させる可能性があるというデータがあります。

L-カルニチン

L-カルニチンは、細胞内のミトコンドリアの機能を高めることで、卵子の質を改善させる可能性があるというデータがあります。

夫にもサプリ

夫にも、元気になってもらうためにサプリを飲んでもらうことにしました。

しかし、私のように、薬のような味気ないサプリを飲ませるのは気が引けたので、グミタイプのおいしいサプリをプレゼントしました。

コーラ味のようで、「おいしい!」と言って、毎日食べてくれています。

生理周期を記録

アプリなどで、生理周期をあらかじめ記録しておくことで、次の排卵のタイミングを予測することができます。

記録は多ければ多いほうが、予測の質を上げることができるので、無料アプリをダウンロードして、すぐにでもはじめましょう。

妊活からはじめたこと

さて、いよいよ妊活開始。

産後、生理周期は30日前後と安定していたので、排卵のタイミングもだいたい分かるつもりでした。

しかし、3カ月たっても妊娠失敗。

「あれ?ひょっとして、排卵してない?」

そこで、排卵検査薬を試してみました。

日本製の排卵検査薬

日本製の排卵検査薬は、調剤薬局でしか購入できません。

他の患者さんが待つなか、薬局の受付さんに

「排卵検査薬ってありますか?」

と勇気を出してコソっと聞くと、すぐに出してくれました。

私が購入したのがこちら↓

7本入りで2,500円くらいでした。高っ!

似たようなのがネットでも購入できるみたいですね。

生理開始から14日目くらいに排卵だろうと予測し、11日目くらいから使いはじめました。

17日目まで使ったのですが、正直ピークがよく分からないまま終わりました。

結局、生理が普段より1週間遅れてやってきました。

海外製の排卵検査薬

妊娠が失敗したからと、落ち込んでいるヒマはない!

次は海外製品の排卵検査薬をネットで購入。

こうのとり検査薬.NETさんを利用しました。

55本で3,650円。

生理開始日にネットで手続き・支払いをし、次の日に出荷の連絡がきましたが、海外(中国)から配達されるということもあり、到着まで10日かかりました。

さっそくその日に試してみました。

「あれ?なんかもう反応してる?」

うっすらと線が出てます。ただ、テストライン(右側)よりは薄い。

一回だけでは、これが陽性なのか陰性なのかよく分かりません。

体質によっては、反応が薄い方もいるとのことで、自分がどうなのかはよく分かりませんでした。

とりあえず、55本もあるので、何日か続けて反応を見ることに。

基礎体温の測定

1人目妊娠後、婦人体温計を捨ててしまっていたので、今回もう一度新しく購入し、測定することにしました。

ドラッグストアで購入した、シンプルなもの。

生理日2日目から測定開始しました。

そして現在

排卵検査薬と基礎体温表を併用することで、

  • ちゃんと排卵があること
  • 排卵のタイミング

を、無事に確認することができました。

検査薬の反応も、1本だけじゃ分かりませんでしたが、体温を確認しつつ、続けてチェックすることで、ちゃんとLHサージのピークをとらえることができました。

陽性反応が出た4日後から、きちんと基礎体温も上がりました。

いつもより少し排卵が遅れているようですが、ちゃんと排卵があると分かっただけでも今回は収穫です。

また、陽性のときにどれくらい線が濃くなるのかも確認できました。

これから

とりあえず、今はちゃんと着床してくれるように祈るのみ。

できるだけ気にせず日々を楽しむしかありません。

生理が来てしまっても、あと2周期くらいはこのまま自己流でタイミングを見計らう予定です。

それでだめなら婦人科に相談に行こうかと思っています。

ただ、正直病院に行く時間、ありません。

子どもがいないときは、仕事帰りに行けたのですが、いまは平日の夕方、まったく時間がありません。

その場合は、仕事、休んじゃおうかな。

だって自分の人生を第一に考えたいし。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。